銀座並木通り 心療内科・内科クリニック(PsI)の「心療内科医ですのブログ」。うつ病、パニック障害、強迫性障害などブログとして日々気づいたことなどの記事をアップしてまいります。

院長Blog

オンライン予約はこちらから


Psychosomatic, Internal Medicine

医療法人社団 創文会 銀座並木通り 心療内科・内科クリニック

PSIクリニックのinstagram

ご予約は24時間自動受付・予約変更可能 03-5537-0024 直ぐに診療を受けたい方はこちら 03-6228-5581

新橋・銀座駅から徒歩約5分。お昼休みや仕事帰りにも診察可能です。プライバシー厳守の安心空間です。

心療内科医ですのブログ

HOME  >  「心療内科医です」のブログ

2013/03/25

公務員の父が酔っ払い運転のトラックに撥ねられ、瀕死の重傷で入院。乳離れをしたばかりの私は、母が父を看病していた半年あまり、叔母に育てられました。「お父さんが元気になって、ようやく引き取ったのに、夜中に目が覚めるとおばちゃんを探して、泣くんだもの、お母さん本当に悲しかった。」何度か聞いた母の述懐です。

大学生になった後までも、昼寝から覚めて周囲に人が居ないと、軽いパニックになりました、特に夏にこの症状が強かったので、母に尋ねると、預けられたのが夏であったそうです。ここからは想像ですが、昼寝から覚めたら母が居らず、突然知らない世界に置き去られた幼い私は、耐え難い不安に巻き込まれたのでしょう。それが、長い間私の中に残っていたのだと思います。

小さい頃から、「子供のくせにどうしてそんなに周囲の人に気を遣うの?」と言われたものです、これも、突然知らない世界に置き去られた幼児の、生存への懸命な努力から生じた性癖だと考えると理解できます。

医学を学び、幼い自分に起こった事を知り、それを分析する事でどうにかこのトラウマに打ち勝つことが出来ました。然し、この叔母には、他の叔母には全く感じない、母に感じるのと同じような思いをずっと抱いていました。

生まれたばかりの赤ん坊は目の焦点調節が出来ません、ただ一つ良く見える距離は”明視の距離”、そうです赤ちゃんの目に、生まれて初めてはっきり見えるのは、自分を抱いている母親の顔なのです。

お彼岸の墓参り、両親の笑顔と幼い頃に手を引いてくれた母親の手の温もりを思い出しました。

難しい理屈はいりません、お子さんを可愛がって育ててあげて下さい。

理想と現実

2013/01/18

昨年も本当に多くの患者さんがお見えになりました。苦しく、辛く、医学の助けで少しでも楽になりたいと、本当に切実な悩みを訴えられました。

抱えていらっしゃる苦しみや悩みは、驚くほど多様で、人としての存在の奥深くに関わっているように思われすが、ある視点から見ると共通項も見えてきます。今日は、この事について少し述べてみたいと思います。

<理想と現実>と言った視点です。

厳しい上司の下で、働く意欲を無くして、会社に行けなくなってしまったAさんには、理解のある上司の下で、気持ちよく働きたいという理想が在りました、然し現実の上司は、恐ろしく厳しいと言う現実があります。Aさんはこの隔たりの前で立ちすくんでしまったのです。

同期のトップをきって管理職に昇進したBさん、小さい失敗が原因で自信を無くし、自分には管理職の能力が無い、会社に迷惑をかけていると思いこみ落ち込んでしまいました。管理職になっても失敗なく業務をこなせるという、理想の自分の姿と、失敗をしてしまった現実の自分との狭間に落ち込んでしまいました。

大好きだった彼に振られてしまったCさん、彼に心の底から愛されている幸せな自分の理想と、振られてしまった現実の自分の落差に悩み、何もできなくなってしまいました。

優秀な音楽家のDさん、問題なく弾けるはずのパッセージに詰まってしまってから、指が思うように回らず、練習するのさえ嫌になりました。一流の音楽家であったはずの自分が犯した間違いに、自分を見失ってしまいました。

人気絶頂の美人女優Eさん、ある日みつけた眼尻の皺に、私なんて何の価値もない女だと思うようになり、外出もできなくなりました。

小学校の頃から秀才の誉れが高かったFさん、天下の難関大学に合格し、同期のトップを走っていましたが、何と戯れに受けた外交官試験に落ちてから、魂が抜けたように感じられていました。

幸福と不幸とは背中合わせ、何時潮目が変わるか判りません。美人も秀才も上には上が在り、下には下がある、他人と比べる事に意味はありません、人は持って生まれた遺伝子に努力を加えて生きて行くのです。良い事に終わりがあるように、悪い事にも終わりが在ります。冬の後には春が来て、夜は必ず終わり朝が来るのです、夜明け前の闇が一番深いと言うではありませんか。

必要な薬を服用して自分を取り戻し、自分がどのような理想と現実のギャップに落ち込んでしまったかが見えれば、病状は良くなって行きます。

私の仕事は、患者さんとお話を重ねる事で、患者さんが自らの状態を把握して、どこから落ち込んでしまったのかを理解されるお手伝いに過ぎないのです。

今年が昨年よりも良い年でありますように!

夏と犬たちの物語2

2012/09/17

短脚で胴長のコーギーに出会ったのは、シカゴのアパートのエレベーターでした、太った小父さんが、「 They are father and son ! (こいつらは親子なんだ)」と説明してくれました。そのひょうきんな姿に一目惚れ、日本に帰ったら必ず飼おうと心に決めました。

埼玉県のブリーダーに迎えに行ったら、大きくて活発な3色(黒・白・ベージュ)の子犬と、少しチビで2色(白・ベージュ)の子犬がじゃれており、気の弱そうなチビに決めて、名前は勉強が嫌いな怠慢医師ー怠慢のため、シカゴで就職できずテキサスの田舎に行きましたーの名前をもらいサムとしました、彼は本当に優しく好い奴だったからです。

コーギーのチビほど可愛い生き物は居ないように思います。何をするのも愛らしく、悪戯ばかりされても、本気で怒ることが出来ません。まだTVコマーシャルで有名になる前で、散歩をしていたら、ずーっと付けてきた人が、「この犬の種類を教えてください、飼います!」ビデオ撮影の横を通ったら、助監督に懇願されて特別出演したり、タレント犬にスカウトされたことも何回かありました。不思議なことに、飼い主と飼い犬は顔が似てくるようで、「お前の犬は、お前にそっくりだ!」と何度も外人に言われものです。同じコーギーを飼っている方とお友達になったり、彼のおかげで世界が更に広くなりました。

新幹線に乗り、飛行機に乗り、クルーザーで瀬戸内海の島に行き、自由に走り回り、海水浴をし、犬も泊まれるホテルで避暑をしたり。ドッグフード以外に飼い主の食事を分けてもらうことを当然の権利としていましたが、おなかが弱くけっして太りませんでした。

12歳の誕生日を過ぎたころから、ご飯を残すようになり、様々な種類のおかずを乗せても、おかずばかり食べるようになりました。急性膵炎ということで入院させた動物病院で、薬の過剰投与を受けて死にそうになりました。「もう駄目でしょうから、お連れになりますか?」と言われて涙ながらに連れ帰りましたが、鳥のササミを眼も開かないのに、1本食べきりました。よし、必ず治してやる!と全力で治療にあたりました。当時のお手伝いさんが、「人間だって、こんなに良くしてもらえませんよ!」と感想を漏らすほどで、それから4ヶ月間生き延びて、散歩にも行けるようになり、検査結果は全て正常に戻りましたが、最後は老衰で、13歳になるほんの少し前に亡くなりました。亡くなる日の朝、1日に2回の流動食を飲ませようとしたら、「もういいです、有難うございました。」と目で訴えかけ、その日の午後2時45分、眠るように亡くなりました。今は深大寺動物霊園に眠っています、何度も唱えたせいか、般若心経を覚えてしまいました。

彼が逝ってしまって、文字通り腑抜けになりました、どちらを向いても彼の思い出ばかり、涙とため息で過ごしていましたが、49日を過ぎて後継ぎを飼うことに決めました。

大震災の少し前に、今度は少し大柄な2色コーギーを福島県のブリーダーさんから、連れ帰りました。大きいくせに気が弱く、あろうことか雌犬が来ると逃げ出してしまいます。名前はトム、彼と歩いているとサムが彼の中にいるような気がします。

はいはい、そろそろ夕食と散歩の時間だね、近くの公園までお出かけです。

加齢とうつ病ー歳をとるという事

2012/08/21

紹介で、ある美人女優さんが来院されました、元気が無く、しょんぼりされて居ますが、それでも眩しいような美人です。「どうされました、何か嫌なことでも在ったのですか?」。ポロポロと涙をこぼされながら、私の質問に答えられました。「朝起きて鏡に向かったら、眼尻にしわのある事に気が付きました。お化粧の乗りも悪くて、もーだめだ、お婆さんになってしまったと思ったら、何もしたくなくなりました。小さい頃から、綺麗だね可愛いねと言われて女優になり、一生懸命頑張って来ました。肌に悪い事はしないように、日焼けには何時も注意していました。太ったらいけないから、何時でも少しだけ食べて、空腹も我慢して来ました。でもお婆さんになった私には何の価値もないのです。」、泣き顔すらも美しく、本当の美人とはこういうものかと感じ入ったしだいです。

誰だって歳をとります、可憐な娘役から成長して、素敵な大人の女性を演じるようになり、やがて人妻役、でも何時かはお婆ちゃんを演じる事になりますね。若さは確かに魅力ですが、大人の魅力、良い事も悪い事も全部受け止めて微笑んでいる老人の魅力はまた別のものですよね。

素人の私が言うのも何ですが、演技力を磨いてもっと深みのある芝居が出来るようになったらどうでしょう、外面だけではなく内面を磨く努力もされてみてはどうでしょう?軽い抗うつ剤と睡眠導入剤をお出しして、経過観察としました。

2週間が経過して、彼女が再度外来に見えました、何とま~美しかったこと、表情がキラキラ輝いています、まさにオーラ全開です。彼女の周囲にだけ別な空気が存在するかのようで、正面に座っていると息苦しさを感じました。

あれから、尊敬する女優さんたちが出ている沢山のDVDを見ました、先生の言われる通りだと思いました。若さや生まれながらの美しさもありますけれど、確かに年齢を重ねた重みや、演技力からくる魅力というのがある事が判りました。私は自分に甘えていたような気がします、頑張ってもう一段上の女優を目指します。その後の笑顔の凄かったこと、傾城・傾国の美女、古い言葉を思い出しました。

誰でも歳を取ります、それに従って出来なかったことが出来るようになり、逆に出来たことが出来なくなります。新しい事を身に着ける事がだんだん難しくなります、一方で物の見方や考え方が深く多面的になります。集団に危機が迫った時には、必ず経験を積んだ年配者の意見が求められるではありませんか。

子供の頃には、何曜日の何時には何チャンネルで何の漫画を見るか、努力もぜずに覚えていました。相互に脈絡がない新しい事柄でも、どんどん記憶できました。然し、大人になったらそうは行きません、「何が何して何とやら、、。」、論理的な流れを作り、そこに当てはめて行かないと物事は覚えられません。

若い時には流動的知性が盛んで、歳を取ると結晶的知性が充実してくると言われます。また、身体的な能力が加齢によって落ちるのは誰でも知っており、誰にでも起こる事ですが、適当な運動と食事内容で良い状態を保つことは可能です。

出来なくなった事を嘆く必要はありません、誰だってそうなのです。でも、大人になった今だからこそ、人生経験を積んできたからこそ解る人生の味もあることを再認識しましょう。

人生は筋書きのないドラマ、素敵な老け役を目指して頑張りましょう!

さて、厳しい残暑のなか、今日はどこで昼食をとろうかな?

最近の記事

アーカイブ

症状別カテゴリー

診察日のご案内

更新情報・お知らせ

2019.10.01

やせる医学治療(運動、ダイエット不要、体重10%減!)開始しました、目標体重達成の笑顔!!
無料痩身相談(要予約)でご説明いたします。

インフルエンザワクチン接種終了-入荷分が終了し、次回入荷の目途が立ちません。



11月の休診日;

5,12,19,26の火曜日と18日月曜日は休診となります。

11月の診療時間変更;

9日土曜日の午後は休診となります(午後1時まで)。

12月の休診日;

3日月曜日と3,10,17,24の火曜日は休診、
28日午後より新年5日まではお正月休みで、
新年は6日からの診療となります。

12月の診療時間変更;

4日の午後は休診(午後1時までの診療)






























PSIクリニックのfacebook

PSIクリニックのtwitter

PSIクリニックのinstagram



対面診療(通常診療)予約(24時間予約・予約変更が可能です)

※ご予約が混み合って、オンラインでは ご予約が難しい場合、診療時間内でしたらお電話( TEL:03-6228-5581 )ください。 
空き枠を見つけてご予約をお取りいたします。

ログイン画面

対面診療(通常診療)予約へ

お願い

初診の患者さんには、正確な診断のために問診表の記載をお願いしております。
恐れ入りますが、ご予約の時間より15分程度早めにご来院ください。
保険証をご持参ください。
また、紹介状、お薬手帳、検診結果などをお持ちいただくと診断と治療に大変役立ちます。

現金精算のみとなっております。
クレジットカードはご利用いただけませんのでご注意下さい。

お電話での診察予約、お問い合わせ

自動診察予約 03-5537-0024 (24時間、自動音声による受付・予約変更可能)

お問い合わせ 03-6228-5581 (診療時間内、スタッフが対応いたします)