銀座並木通り 心療内科・内科クリニック(PsI)の「心療内科医ですのブログ」。うつ病、パニック障害、強迫性障害などブログとして日々気づいたことなどの記事をアップしてまいります。

院長Blog

オンライン予約はこちらから


Psychosomatic, Internal Medicine

医療法人社団 創文会 銀座並木通り 心療内科・内科クリニック

PSIクリニックのinstagram

ご予約は24時間自動受付・予約変更可能 03-5537-0024 直ぐに診療を受けたい方はこちら 03-6228-5581

新橋・銀座駅から徒歩約5分。お昼休みや仕事帰りにも診察可能です。プライバシー厳守の安心空間です。

心療内科医ですのブログ

HOME  >  「心療内科医です」のブログ

雨や気圧と心の関係

2017/06/30

長い花粉症の季節も終わりました。私はヒノキ花粉によるアレルギーも持っているので、最近までくしゃみで悩んでいました。正直にお話しすると、患者さんと一緒に花粉が入って来ることが在り、そんな時には患者さんと向かい合った途端にくしゃみが出てしまうことが在ります。「あれ、先生何でくしゃみをするの?」、「ご免!、ヒノキ花粉にアレルギーがあるんで!」これに対する彼女の res が good !
「ヒノキ花粉のアレルギーってエリートっぽい!、私はスギ花粉だから庶民的な感じ、ヒノキ花粉のほうが格好良い、変わらないかな?!」 もちろん二人で大笑いをしました。

梅雨に伴う湿度の高さは、身体に汗がまつわりつくようで不快ですね。
気圧の変化が健康状態に変化を起こすことは良く知られています。
気圧の谷間が通過して、これから雨が降るようなときに、喘息発作を起こされる患者さんが多いです。
当直をしていた若い頃、ベテラン看護師さんと話していたら、
「喘息の急患が来そうな天気ですね。」と言われ、確かにその夜2名の喘息患者さんが救急受診、忙しい思いをしました。
ベテラン看護師さんとは大したものだと実感したことを思い出します。

雨は憂鬱ですね、でも ”晴耕雨読-晴天の日は農耕、雨の日は読書―の意味”
で行きましょう、東洋的知性-悠々自適の生活素敵です!
”巷に雨が降るごとく、わが心にも雨ぞ降るーヴェルレーヌの詩の一節”
なんて嘆くよりも、わが心に差し込む季節の移ろいを感じ取り、細やかな日本人の感性を楽しみましょう。

何だか騒然とした世間ですが、 ”雨降って地固まる” となると良いですね。


花粉症

2017/03/01

今年もやって来ました、花粉症の季節、目の周りのむず痒さと鼻水は、
医師としては体裁の悪い物で、私も毎年対策を取っています。

今では誰でもが知っている花粉症ですが、日本でこの診断名が使われ始めたのは
比較的最近の事で、一般の人が花粉症という言葉を目にしたのは40~50年ほど
前からだと思います。

子供の頃に体が弱く、しょっちゅう風邪をひいては学校を休んでいた私ですが、
小学校5年の頃に、ある不思議な事に気が付きました。
それはある日の事、私がくしゃみをしていたら母が、「風邪を引いたんだから
お休みしなさい。」と言います、私は最近気が付いたことを母に言いました、
「お母さん、僕は風邪じゃないと思うよ、これから悪くなりそうな感じが無いもん、
 今日は学校に行っても大丈夫だと思う。」母は不思議そうな顔をしましたが、
「じゃあ、行っても良いけれど悪くなったら帰ってくるのよ。」と送ってくれました。

何度も何度も風邪を引いた私は、風邪の症状の変化をすっかり覚えてました。、
嫌な感じから段々と頭が痛くなり熱が出てくる。何日かして熱が引きやがて回復。
ところが、それ以外に、始まりは同じですが何だか、
”悪くなって行きそうな感じがしない”病状が在ります、
母に反論したのはまさにそれを言いたかったのです。
まだ、花粉症と言う言葉が一般に知られる前の事でした。
ずっと後になって、この話をした時の母の述懐でした。
「変な事を言うと思ったけど、あなたはお医者さんに向いていたんだ。」

最近は良い薬が沢山ありますが、かつては困りものでした。
症状を抑える、抗ヒスタミン剤を服用すると、その副作用の強さで参りました。
大学病院で外来をして居た頃、「先生、何か良い花粉症の薬は無いですか?」
と尋ねられると、「残念ながら在りません。」と答えていました。
愛想の良い私がそんなぶっきらぼうな返事をすると、患者さんは驚いて、
「先生、そんな冷たいこと言わないで出してくださいよ!」と言われます。
その答えが、「僕も花粉症なのだけれど、薬を飲むと副作用のだるさで
仕事が出来なくなるので飲んでいないんです。」と言うものでした。

毎年、眼科と耳鼻科の友人に、「最新の花粉症治療を教えて!」と尋ねて、
最新の治療をするように(患者さんにも自分にも)心がけています。

最近は、点眼・点鼻で症状を押えて、どうしても堪らない時にだけ、
内服薬に頼ると言うのが私のお勧めです!

本当に嬉しい出来事

2017/02/23

あまり寒くない土曜日の午後でした、受付から、「患者さんでは無いんですが、患者さんがご面会です。」
と連絡がありました。予約リストにもお名前の無い方で、予想がつきません。
良くなられた方がまた悪くなられたのなら、患者さんとして予約をされる筈ですし、どのような方が来られたのか全く分かりません。

そして、驚きと喜びが飛び込んできました。1年ほど前に治療が終わられたAさん、
眼のぱっちりした可愛いお子さんを抱っこされて、ご主人と診察室に入ってこられました。

輝くような笑顔で、「半年になりました!」とお子さんを紹介して下さいます、
「はい、お土産。」とお茶菓子を下さいます。優しそうなご主人が少し後ろから、
「その節はお世話になりました、親子共々元気にしています。」と仰います。
こちらも満面の笑み、何とも良い表情をされて居られます。

嬉しくて、感激して、涙があふれそうでした。寂しげに俯いていた初診の時の
彼女の姿を思い出します、少しずつ確実に良くなられ、彼氏が出来たらドンドンと
良くなられて、当院で言う”卒業”をされました。その彼女がお子さんを抱かれて、
「先生にお会いして、ご報告とお礼を言いたくてよりました。」と尋ねて下さったのです。

特別な事をしたわけでは在りません、初診時はとにかく聞く事に集中して、
診断、治療方針、薬剤の効果と治療の全体像をご説明する。
毎回、前回からの変化を伺ってお薬を処方する。安定されたことを確認して、
ご本人にも自信が出来てから、薬を次第に減らして、治療完了にいたる。
当たり前の事を、きちんとやっただけの事です。
彼女は、とても真面目な方で、何時もきちんと服薬をして下さいました。

「可愛い子供を抱いた、若い人妻ほど美しい物は無い。」ロシアの作家が
書いていたのを思い出します。若いご夫婦の幸せと、その真ん中のお子さん。
これほど、幸せを感じさせてくれるものは在りません。

EUの解体?あの大統領、核実験に領海侵犯、惨たらしい暗殺事件、
嫌なニュースばかり。錦織選手が1回戦で負けてラケットを壊した!?

「紅旗征戎わが事にあらず。」などと言う立場にはまったく居りませんが
嫌なニュースや世間への心配は、とりあえず傍らに押しやり、
Aさんから頂いた誇らしく嬉しい思いを胸に抱いて、
もうすぐやってくる春を静かに待つことにします。

Aさん、本当に有難う!

怠慢でご免なさい

2017/02/14

短期間で更新するとお約束をしたのに、また長い時間が経ってしまいました。
申し訳ありません、今度こそ頻回の更新を致します!

然し、山陰地方の大雪に至るまで、とてつもない冬ですね、社会の大きな変化と
天変地異は連動するという説を何度か眼にしました。浅間山の天明年間の大噴火が徳川幕府の滅亡の遠因である、、等の説ですが、大雪のニュースを視ていると何だかこの説が本当ではないかと思えてしまいます。

まさかの、トランプ大統領、「アメリカは世界の警察官であることを辞める。」
との宣言には深刻な恐怖を感じました。
太平洋戦争に敗れ、無条件降伏し、焼け野原となり経済の基盤を失ってしまった日本、
その再建を支えた考え方の一つに、「軍備を最小限に留め、経済再建に集中する。」と言う、
吉田ドクトリンがあります。この考え方の根幹は正しかったように思われます。
アメリカが世界の警察官を辞めたら、日本の将来は核武装をするか、
中国の言いなりになるかしかないのではないでしょうか。
どちらも在りえない、そんな事は勘弁して欲しいのが、多くの日本人の本音でしょう。
幸いにして、日本政府の素晴らしい働きで、日米安保は堅持されそうで一安心、
核武装は無し、尖閣諸島から沖縄まで中国に占領される事態も無さそうです。
でも、これから行われる、フランスやイタリアの大統領選挙次第では、
EU が崩壊し、それをきっかけに、アメリカを含む世界のブロック経済化が進む可能性があります。
トランプ大統領は America first と何度も唱えています。メキシコに高い関税をかけたり、壁を造る、TPP は脱退し NAFTA も見直すこれはまさにブロック経済化と言えるでしょう。ブロック経済化の果てに、あの戦争が在りました。

第二次世界大戦の反省に立って、継続された平和と発展の方策=それによって東西対立は終わり、
その後には『歴史の終わり』が来る筈でした。
然し、東西対立によって閉じ込められていたイスラム原理主義が爆発し、
テロと難民問題が起こり、戦後秩序の根底を揺るがせています。
これに加えて中国の膨張主義と北朝鮮の核が世界を威嚇しています。

言い古された民主主義、自由貿易、国際化等の言葉の大切さを痛感します。
国家制度も人の心も、内側を向いて閉ざされるのではなく、外側に向け開いて行こうと言った考えは、
素晴らしいものです。

長い冬にも必ず暖かい冬がやって来ます、夜明け前の闇はいちばん深いとか。

全てを癒してくれる春の陽射しが、ささやかな日常を照らしてくれるように、
世界の行く先をも照らしてくれるよう願わずにはいられません。


最近の記事

アーカイブ

症状別カテゴリー

診察日のご案内

更新情報・お知らせ

2019.07.31

やせる医学治療(運動、ダイエット不要、体重10%減!)開始しました、
無料痩身相談(要予約)でご説明いたします。


8月の休診日;

6,20,27の火曜日、13日から15日まではお盆休みとさせて頂きます。

8月の診療時間変更はありません。

9月の休診日;

3,10,17,24の火曜日と、30の月曜日は休診となります。

9月の診療時間変更;

26日木曜の午後は6時から診療となります。




























覚悟の瞬間 医療法人社団創文会 銀座並木通り心療内科・内科クリニック 木村創

PSIクリニックのfacebook

PSIクリニックのtwitter

PSIクリニックのinstagram



対面診療(通常診療)予約(24時間予約・予約変更が可能です)

※ご予約が混み合って、オンラインでは ご予約が難しい場合、診療時間内でしたらお電話( TEL:03-6228-5581 )ください。 
空き枠を見つけてご予約をお取りいたします。

ログイン画面

対面診療(通常診療)予約へ

お願い

初診の患者さんには、正確な診断のために問診表の記載をお願いしております。
恐れ入りますが、ご予約の時間より15分程度早めにご来院ください。
保険証をご持参ください。
また、紹介状、お薬手帳、検診結果などをお持ちいただくと診断と治療に大変役立ちます。

現金精算のみとなっております。
クレジットカードはご利用いただけませんのでご注意下さい。

お電話での診察予約、お問い合わせ

自動診察予約 03-5537-0024 (24時間、自動音声による受付・予約変更可能)

お問い合わせ 03-6228-5581 (診療時間内、スタッフが対応いたします)